Thoughts, Travel, 日本語

Nomad・遊牧民

Nomad・遊牧民

FullSizeRender
Skytree from the window on the 13th floor of a hotel where I stayed.

2016年2月21日
日本語で書いた部分は下にあります。

For many people, the thought of leaving their hometown permanently is a horrifying, unthinkable possibility. Even when we’ve grown up dreaming of seeing the world, so many never step foot outside of the city, the state, or the region that they’ve grown up in. When I tell people of the places I’ve been and where I want to go—aside from Japan—I’m often met with either curiosity or disparagement. How dare I leave my home? How dare I leave family and friends? Don’t I ever get homesick?

Apart from the “meh” response I often give, I try to explain that my definition of “home” has never been a concrete place. Home is the warmth in my heart when I’m laughing with my mother over our antics. Home is the comfort of an embrace. Home is the scent of fresh linens and cinnamon. Home is in the eyes of family when they see me. Home is that place on my yoga mat where I’m grounded to the earth and connected to my kinesphere. I’ve found a sense of home in so places and in so many people that I can’t pin it down.

And so when I found a quote by Julie Delpy that says succinctly, “My roots are inside me,” I was like, “Yep, that hits the nail on the head.”

My roots are inside me.

It conjures up so many images.

But for that reason, I have a never-ending sense of fernweh, of wanderlust. Even living in Japan, where I am ultimately pleased with my surroundings, I still want to see the Rocky Mountains in America, eat at a genuine French café, visit Romania and see Dracula’s castle, witness the stunning architecture in Abu Dhabi, and take yoga at a Hindu temple in New Delhi. I will settle in Japan, but I will never stop moving.

日本語で(文法は多分変だが、これは練習だよ。練習!):

多くの人には、ずっと出身地から離れる可能は恐ろしくて、考えられないものである。大人になりながら世界を旅行に行くという叶いを持っているが、育っている場所から一度も出かけることがない人もいる。どこへ行ったとどこへ行きたい(日本に関係ない所)について話題を伝える時に、人が好奇心も、攻撃も表される。「住宅に帰りたくないの?どうして両親も友達も見捨てられるの?郷愁がないの?」そういう質問をよく聞いている。

「さぁぁ~」の返事をさておき、私は「自分の家は一つの場所じゃない」と教えてみる。私にとって、「家庭」とは心の中にある暖かさと、お母さんと笑うこと。「家庭」とは、家族を抱いていること。「家庭」とは、たった選択したものとシナモンの香り。また、家族が私の顔を見ると、目が大きくなる場合。私のヨガマットで地球とつながっている状態にも「家」がある。私にはたくさん家庭と同じところがあるので、一つの場所を選ぶわけがない。

なので、ジュリー・デルフィーの「ルーツは自分の中にある」と引いた言葉を聞いて、賛成だ。そう思っている。

私のルーツ・・・いいえ、私の系統は胸の中に持っています。

そういう考えで、色々なイメージが浮かんでいるでしょう。

でも、その理由で、私は絶対に旅行するのはやめたくないんだ。やっと日本に住んでも、アメリカのロッキー山脈を見てみたくて、本当のフランスカフェで食事してみたくて、ドラキュラのお城へ行ってみたくて、アブダビのすごく高い建築を見渡したくて、そしてニューデリでヨガをやりたい!日本に暮らすつもりが、足が止められない。

Advertisements

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out / Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out / Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out / Change )

Google+ photo

You are commenting using your Google+ account. Log Out / Change )

Connecting to %s